硬くなる原因を取り除く頭皮柔らかくする生活習慣

頭皮柔らかくするには、まず最初に硬くなる原因を知る必要があります。

頭皮の柔らかさは、血行の良さや細胞の水分量で決まるので、血行不良や乾燥肌を改善することがポイントとなります。更に、細胞の栄養不良も頭皮の硬さを助長しますから、栄養素を吸収して行き渡らせることも大切です。直接的に頭皮柔らかくする方法としては、シャンプー時やドライヤー後のマッサージが挙げられます。

シャンプーのやり方は、爪を立てたり力任せにしたりと人それぞれですが、これらの方法では血行不良になってしまいます。正しくは、指の腹で優しくほぐすように、爪を立てず柔らかいイメージで揉むのが正解です。ドライヤーの後は、ローションや保湿用のオイルを使ったマッサージも有効で、血行促進と乾燥肌の防止に役立ちます。

マッサージの方法は、基本的にシャンプー時と同じですが、髪の毛は事前にある程度乾かしておいた方が良いでしょう。水分が残っていると雑菌の繁殖に繋がりますし、痒みが起きて無意識に爪で掻いてしまう恐れを強めるので、ドライヤーを使った適度な乾燥は重要です。一方で、体の内側から頭皮柔らかくするには、栄養バランスの良い食事と、ビタミン類を重視した食生活が不可欠です。

ビタミンの不足は、細胞の保護力や保湿力を損なわせてしまい、結果として頭皮の水分を失い弾力の低下に結び付きます。栄養は体の機能維持、そして老化の防止にも欠かせないので、日頃から不足させない心掛けをして、毎食摂取することが求められます。傷んだ頭皮や細胞は、修復しなければ本来の機能を取り戻せませんから、栄養を補給した後は休息の重要性が増します。

日常的に、緊張やストレスを感じる場面が多いと、その日の夜は何時もより頭皮が硬くなっているものです。栄養の摂取や、シャンプーとマッサージによる頭皮のケアが済んだら、十分な睡眠時間を確保して休むことが、頭皮柔らかくする一日の総仕上げになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *